枝豆でイソフラボンダイエット

枝豆でイソフラボンダイエット

夕食だけ枝豆にすることで、効果的なイソフラボンダイエットをすることができます。
朝と昼はしっかりと食べても良いので、夜だけ枝豆を大量に食べるのです。
朝昼晩と枝豆だけにしてしまえば、とても辛くてストレスになってしまうので続きません。
朝と昼だけはしっかりと好きなものを食べて、夕食だけ枝豆以外は食べない!というルールを決めるのです。
枝豆ならいくつでも食べていいというルールを作るので、冷凍の枝豆を大量に買って保存しておきましょう。

お腹が減ったら、水を枝豆を永遠に食べ続けるのです。
1キロの枝豆を食べてしまえばさすがに満腹感を得ることができます。
しかも、枝豆には豊富なイソフラボンなどを始めとする栄養素が含まれているので、健康的にダイエットをすることができてしまうのです。
しかも枝豆は美味しいし、飽きないので、どのような女性でも飽きずに続けることができるのです。
また、枝豆は安価で買えるので、経済的にも負担なくダイエットを続けることができてしまうのです。

■枝豆イソフラボンダイエットを美味しく続けるためのレシピ
一番おすすめしたいのは、枝豆のお焼きです。
大量の枝豆をゆでてすり鉢でつぶします。
冷凍の枝豆ならレンジで温めればすぐにできるのでおすすめです。
すり鉢でつぶしたら、ハンバーグのように円形にして、フライパンで焼きます。
フライパンで焼く時はオリーブオイルを使うのがヘルシーです。
冷凍の塩味がついている枝豆なら、そのまま焼けばOKですが、普通に生で買ってきた枝豆なら塩を多めに振ったほうが良いでしょう。
オリーブオイルでゆっくりと焼けば、枝豆お焼きの完成です。
オリーブオイルで焼くことで、ヘルシーで香ばしい香りも楽しむことができるので、美味しくいただくことができます。
ヘルシーで低カロリーなソースをつくって、日ごとに変えてみるのも枝豆イソフラボンダイエットを飽きないで最後まで成功させるコツです。
楽に続けたいならイソフラボンサプリがおすすめです。